Entries

受験が迫っている時期の塾選び 

小学校6年生の秋、本人の希望もおおよそ定まり、志望校を絞ったという方、もちろん模試での合格判定も把握でき、受験対策はスムーズに進んでいるといえます。
このような場合追い込みとして、志望校対策をぜひとも行い、今年の出題傾向や採点のポイントを通塾し、教えてもらいましょう。

・では志望校対策で有名な塾が、”SAPIX(サピックス)”です。
難関校SS(サンデーサピックス)特訓というもので、9月~1月の日曜日、全14回の講座です。
志望校別、傾向の似ている学校別にコースが作られ、20校ほどの学校が対象となっています。

・同じくらいのレベルの難関校といっても、出題傾向が異なります。
算数では計算問題も含め、とにかく大量の問題が出題される“慶應”では、時間配分管理、正確さが問われます。

・“武蔵”では、重視するものとして、じっくり考える力に注視していて、式や考えた過程を回答に示す必要があります。

偏差値が追いついていても、志望校別対策はとても重要ですので、普段通っている塾に加えて、小6の秋~冬にかけて、この日曜日の講座をプラスする、といった考え方はどうでしょうか。








スポンサーサイト